« 〜ひろこ〜 4 | トップページ | ニューロン体操 新年会 »

〜ひろこ〜 5

〜ひろこ〜 5
「おはようございます 今日も宜しくお願いします」
美容室はやはり壮絶でひろこは元気に挨拶をして直ぐに床掃除を始めた
お店では夕方でも`おはようございます´というのがひろこは不思議だった

「遅いな〜今日は忙しいからって前から言うてたやろ わからん子やな」とあやがにらみつけた
早くこれ持ってママとこ行き!とロットのケースを渡して背中を押した
ひろこは「はい」と元気よく返事してママのヘルプをした ヘルプの手もはやくなり、恭子ママを苛立たせることも無くなった

「どうぞ よいお年を...」ママは深々と頭を下げた
あやはひろこの頭を抑えて深々とお辞儀をさせた

最後のお客さんを皆で見送り
ひろこは背伸びをして店のシャッターを閉めた

「ママお疲れ様でした ありがとうございました 」とあやは深々とママに頭を下げて挨拶した
それからひろこに! 「ひろこ よう頑張って来てくれたな、ほんまにあんたのお陰で助かったわ、なぁママ お客さんも褒めてくれてたしな」と言った

ひろこは目を真ん丸にして「はい、こちらこそ ありがとうございました」といった

「ひろこ はよ肩揉んでや」と恭子が言った
「はい」とひろこは返事していつもの様に閉店後の肩揉みを始めた
時計は22時を過ぎていた
いつもは20時過ぎには帰してくれるので、ひろこは早く帰ってみんなで粕汁を食べたかったが一生懸命恭子の肩を揉んだ

「ひろこ上手になったな」と恭子が褒めた
ひろこは恭子に初めて褒められて、とても嬉しくなった
あやが「ママ今日は久々にあやが揉むわ、ひろこ今日はもう帰ってええで」と言ってひろこのかたをポンと優しく叩いた
ひろこは驚いた顔で「はい」と返事して恭子から離れた

「お疲れ様です 今日もありがとうございました お先に失礼します」とあやに以前教わった挨拶をした
裏口から出ようとしたら
恭子が「ひろこ これ持って帰って皆で年越しして良い年むかえて」と年越し蕎麦を6人前手渡した
「お疲れ様、今日までありがとう、また来年頼むね」と恭子は優しく言って微笑んだ

「はい!ありがとうございます」と深く頭を下げ、高級な袋に入ったお蕎麦を受けとった

あやはニッコリ微笑んで手をふり「良い年迎えてな」と言った
ひろこは自分に向けたあやの笑顔を初めてみた

裏口から出たひろこはお蕎麦を抱きしめて「おばちゃん、あや姉ちゃんありがとう」と呟いた
急に込み上げてきた思いで瞳の噴水の水嵩が上がった

「これが仕事なんやな」と夜空の星を見上げて囁いた
瞳の噴水が動き出しひろこの頬を流れた
ひろこは一つ階段を上がり何か大きな壁を乗り越えた感じがした
なんだか少しだけ大人に成った様な気がした

「あかん泣いて帰ったらお母ちゃん心配するわ 笑顔 笑顔」 とポンボンと両手で頬っぺたを叩いた

「ただいまー おそなってもうたわ、ごめん、かんにん」
カズオとミチオが「おかえりぃー待ってたでー」と声を揃えて言った
ウメが玄関まできて「ひろこ おかえり、遅くまでよう頑張ったな」とひろこを迎えると
ひろこは我慢していた何かの線が切れた様に「お母ちゃーん」と抱きついて嗚咽しながら大声で泣き出した

「ひろこ どうしたんや 何かあったんか? ひろこ大丈夫やお母ちゃんがついてる!何でも言うてみ もう恭子おばちゃんとこ行かんでもええからな、ひろこかんにんやで、えらかったな、もうええからな」

カズオが「オレ恭子おばちゃんとこ行ってくるわ」とウメに言って立ち上がった
ウメは「ちょっと待ち、ひろこの話を先ず聞いてな、行くのはお母ちゃんや」

カズオはひろこに近づいて背中を擦った
ひろこは肩をヒクヒクさせながら「ちゃうねん ちゃうねん」と首をふり、「 恭子おばちゃんとあや姉ちゃんにものすごう褒められてん」鳴き声で一生懸命伝えて「これなみんなで食べて良い年迎えて言うて年越し蕎麦くれてん
ほんで うち嬉しいて お母ちゃんの顔見たら涙が勝手にでてきてん そんでな なんでかわからんけど止まらんねん」と言ってまた鼻水垂らして泣き出した

「そうか、わかった わかったで ひろこ よう頑張ったな 褒められて良かったな お母ちゃんも嬉しいわ」
ウメはひろこの今日までの全てを察して強く強く抱きしめた

ウメは「ひろこ年越し蕎麦食べたい言うとったやろ さぁ一緒作ってみんなで食べて年越ししよう」 とひろこの目線に合わせて両肩をトントンと叩いた
「来年はええ年間違いなしやな」とミチオは伸びをした
〜つづく〜

« 〜ひろこ〜 4 | トップページ | ニューロン体操 新年会 »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

コメント

「ファミリーヒストリー」・・・決して楽しいことばかりではない、傷つきうちのめされても、でも、人は生きていく。
その力は どこから出てくるのだろう?
DNAに組み込まれているのだろうか?

以前から、父も家系図を過去帳から書き出しています。過去は460年ほど前から 昨年の甥の結婚まで、紙を付け加えてあります。
ご先祖様に、自分の生き方を見守っていただけるだけのことをしているだろうか? 
これからの子や孫たちに、自分のやってきたことを話すことが できるだろうか?

今年の基盤にします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 〜ひろこ〜 4 | トップページ | ニューロン体操 新年会 »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ