« 鶴 | トップページ | 手話のお薦め »

鶴(つづき)

小さい和紙で鶴を折るのは脳の活性化に良さそう。集中力、記憶力も高まる感じです。

~2羽目を折っていて、ふと従弟と折り紙をおって遊んだことを思い出しました。その後、部屋中を走り回って転んで泣く従弟.....。

何だか胸が熱くなってきて、身体も熱い。ちょっと深呼吸。~ふ~出来上がり。

小指の先程の鶴はとても温かく優しい。穏やかな優しい気持ちに成ります。

掌に留まった小さな鶴が段々と熱く成ってきた。今にも飛び出しそう。

鶴さん鶴さん、従弟の夢と希望を乗せて天まで届け.....。

あっ!飛んだ小さな鶴が部屋を飛んでいる。何だが身体が燃えるように熱い。居た堪れなく込みあがってきた気持ちが涙を誘う。頬を沿う涙も熱い。

鶴がベットに留まった時、従弟の声が聞こえたような感じがした。「ありがとう!お母さんお父さん、そして足、身体、私を護って下さる全てのものへ、心から感謝いたします。」 

~この小さな鶴よりも自分の心はもっと小さく感じて贅沢すぎる自分自身が恥ずかしかった。~

従弟は下半身不随に成ってしまったのですがとても明るく元気な人です。大人に成ってからは余り会う機会がありませんが、会えばいつも素晴らしい笑顔をくれます。

復唱してみた。「ありがとう!お母さんお父さん、そして足、身体、私を護って下さる全てのものへ、心から感謝いたします。」 何だか母が傍に居るような気がしました。

ありがとう!鶴さん大切なことを気づかせてくれて.....。

さあ掃除の続き....。その後は勿論ニューロン体操です。

    ☆シャーリー☆

« 鶴 | トップページ | 手話のお薦め »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶴 | トップページ | 手話のお薦め »

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ